マビックAIR 2フィルターセット

· CPL、UV、ND4/8/16/32、ND4/8/16/32PLの計10個の多様なマビックAIR2をサポートするフィルター構成
· 負担のない超軽量

· $7.93 ~ $31.93

ドローンを趣味とする多くの人々を待たせたマビックAIR2が、ついに公開されました。

公開前から「Up Your Game」というフレーズで公開を予告していたDJIは、実際にマビックAIR 1の技量を大幅に向上させた製品を発売しました。

マビックシリーズファミリールックの適用と通信距離、イメージセンサーの向上など、Wi-Fi接続とジェスチャーコントロールが削除された部分を除き、すべての面で向上した製品は、以前のシリーズ価格から全く上がらない出庫価格を適用しています。

おかげでAIR1とMINIが中古でたくさんの人々が売っています。

ホビーにぴったりの価格と性能を持つマビックAIR2のおかげでアクセサリー市場も活気づいています。

今日は マビックAIR2フィルター について見ていきましょう。

左側の丸いフレームがある製品がND-PLフィルター、右側の製品がNDフィルターです。

まず、ND-PLフィルターはCPLフィルターとNDフィルターを組み合わせた製品だと思ってください。

それではまずCPLフィルターについて見てみましょう。

CPLフィルターは光の反映を除去し、対象の原色を表現するために使用されます。 同じ色でも光が多いと色濃度が薄くなるので、結果物がぼやけて写真があまりよくないんですよ。

原理はフィルターを通過する光の波長の方向を制限する方式なので、撮影角度や光の方向、光が散乱される方向などを考慮して金色の枠を回しながらセットしなければならないのですが、空中に浮かぶドローンでそのような作業ができるはずがありません。

それにしても、使う理由はあるものがないより結果がいいからです!





NDフィルターは固定調理器であるマビックAIR2のカメラに流入する光の量を減らす役割をします。
簡単に言って明るさを下げると思ったらいいです。

光の量が減ると、光を受け入れる時間を増やさなければなりません。(長露出)
そうでなければ結果が暗く出るからです。

撮影時間が長くなると短所が多いです。 動くものを明確にキャッチできないだけでなく、撮影者(ドローン)が撮影中に揺れると結果がぼやけるからです。

それにしても、NDフィルターをうまく使用すると、以下のようにスムーズに落ちる滝水、車両が動く軌跡が記されたライトラインあるいは波の穏やかな海の表面のような結果が出ますので、ぜひ使ってみるべきフィルターではないかと思います。

NDフィルターの数字は、減少させる光量を表示します。

ND4は1/4、ND8は1/8・・・等々、マビックAIR2コンボに含まれるND256は光量を1/256に減らしてくれるんです。

ND-PLフィルターは、NDフィルターとCPLフィルターの機能を合わせた製品と考えられます。

明るさを抑えて露出時間を増やし、分散する光を遮断することで、下に写真のような結果を出すことができます。

Neutral Density6




最後にMCUVフィルターです。

日本語にすると多重コーティング紫外線フィルターです。

可視光を抜け出して不必要な紫外線を遮断してもう少し鮮明な映像を撮影することができますが…

本当は大きな差はないと思えばいいですし、普段からレンズ保護用として使えばいいのです。

いろいろな構成がありますが、私はND-PLはどうしてもドローンでは書きづらいと思いますし、コンボにND16/64/256があるので、重ならないようにUV、CPL、ND4、ND8のセットを購入しました。

ND8も必要ないと思いましたが、個別に購入するのがもっと高いです!





下のイメージをクリックすれば、製品の購入ページに移動します。